毎日チョコ生活

1年で1000種類目指して食べています。16年5月にはじめて5,000種類突破。チョコの世界の奥深さにハマっています。

Laurent Gerbaud(ローランジェルボー)

いただきます〜

今回は、ベルギー・ブリュッセルのLaurent Gerbaud(ローランジェルボー)です。

f:id:chie1129:20220619234030j:image
f:id:chie1129:20220619234032j:image
f:id:chie1129:20220619234027j:image

5930)プラリネアーモンド

口どけなめらかなアーモンドプラリネ。ナッティーさが後からふわっとやってきます。

f:id:chie1129:20220625155402j:image

5931)プラリネバックウィート

砕かれたそばの実とヘーゼルナッツが、キャラメリゼされてカリカリっとしたトッピング。

スッと溶ける口どけに、やわらかいナッティさがあります。
f:id:chie1129:20220625155359j:image

5932)プラリネピスタチオ

やってくる塩味と甘味。ほどよいナッツの苦味も感じられます。ダークのチョコレートの味わいがマッチします。
f:id:chie1129:20220625155356j:image

5933)プラリネセサミ

ゴマとアーモンドのプラリネ入り。ジャクジャクした香ばしさが口いっぱいに広がります。
f:id:chie1129:20220625155411j:image

5934)プラリネジンジャー

ジンジャーエールのようなジンジャー感。スパイシーな味わい。舌にふんわり残ります。
f:id:chie1129:20220625155408j:image

5935)プラリネスペキュロス

ブリュッセルの「メゾンダンドワ」のスペキュロス(クッキー)を振りかけたプラリネ。甘い香りとスパイスが効いてます。
f:id:chie1129:20220625155405j:image

ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。 にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村