毎日チョコ生活

1年で1000個。目指して食べてましたが、16年5月にはじめて17年2月達成。これから5000種か1,000店舗目指そうかな。

Laurent &Kyoko DUCHÊNE(ローラン京子デュシェーヌ)

いただきます〜

今回は、フランス・パリにありますLaurent &Kyoko DUCHÊNE(ローラン京子デュシェーヌ)です。

こちら、いろんな百貨店で催事をだしていました。人気なんだなぁ。
夫婦でショコラティエを経営し、奥様が日本人です。


要冷蔵。本体2,000円でした。
ショコラアソートセレクション。

2134)ライム
口にいれるとはじける酸味!ライムがジューシーです。コーティングしているチョコがパリッと薄めで繊細。

2135)セザミ
白ごまがガナッシュにもまるまるしっかり入ってます。ごまをキャラメリゼしてるからか、キシキシせず、ザクザクっとした歯ごたえ。

2136)ペルリア レ
塩バターキャラメルのガナッシュ、ミルクチョココーティングですが、甘さより、ちょっとほろ苦さも感じます。

2137)サラザン
そば粉を使っている赤いショコラ。ハートじゃなくドームチョコってのがいい。ザクザクっとしたごまと違う食感が楽しめます。

ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村

Okada Museum Chocolate(岡田美術館)

いただきます〜

今回は、神奈川の箱根・小涌谷にあります岡田美術館のチョコレート。Okada Museum Chocolateとチョコ専用で袋や箱の気合い入ってるし、シェフもデカダンス・ドュ・ショコラや、ブルガリ・イル・チョコラートのショコラティエだった三浦直樹さんを迎えいれています。すご。三浦さんは、月9ドラマ、失恋ショコラティエの監修もしていた方です。

公式サイト:http://www.okada-museum.com/shop/

伊藤若冲「孔雀鳳凰図」を表現。

2129)ミックスベリーとピスタチオ
上にほんのりピンク色のミックスベリーガナッシュ、下にピスタチオガナッシュ。優しく甘い味わい。ミルクチョコレートコーティング。

2130)ビンテージバルサミコとイチジク
ダークチョコレートコーティング。模様は1番これが好き。はじめに酸っぱさが来て、それから、イチジクのプチプチ。バルサミコははっきりわかるほどの強烈なガツンとくる酸味!

2131)ココナッツとパッションフルーツ
パッションフルーツガナッシュの上に、ココナッツガナッシュ。ココナッツの繊維をサクサク感じます。ミルクチョコレートコーティングです。

2132)白トリュフと栗
独特の組み合わせ。これは、少しずつ食べないと、トリュフが強烈。しっかり栗も感じます。ダークチョコレートとあいます。

2133)クリームチーズとあずき
あずきの下地にクリームチーズクリームチーズは強すぎず、クセもないので食べやすい。あずきの甘みで、和っぽさが際立ちます。

カフェにいって、チョコたべたいなー♪
ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村

LE CORDON BLEU(ル・コルドン・ブルー)

いただきます〜

今回は、LE CORDON BLEU(ル・コルドン・ブルー)。
LE CORDON BLEU(ル・コルドン・ブルー)は元々、パリで設立された料理教育校ですが、株式会社でお菓子とかも作ってるです。

http://www.lcb-ch.jp

5個セットで1,080円。
色が、やっぱりステキだね。

2124)プラリネフィユティーヌ
ヘーゼルナッツプラリネに、サクサククレープ生地。ミルクチョコレートコーティングで甘さしっかりめ。

2125)マンディアン
ミルクチョコレートにダークチョコレートでコーティング。甘さも苦さもなく。上のトッピングは、マカダミア、レーズン、クランベリー、アーモンドトッピングで楽しめます。

2126)マンゴーパッション
マンゴーとパッションガナッシュホワイトチョコレートでコーティング。ほんのりした甘さ。ホワイトチョコレートが印象強め。

2127)プラリネシトロン
ハイミルクチョコレートを堪能したあと、レモンの酸味がきます。その後アーモンドプラリネのシャリシャリを感じられます。変化が楽しい。

2128)キャラメルサレ
ほろ苦いビターチョコレートの中はキャラメルガナッシュ。塩はほんと最後の最後にアクセントとして出てきます。

バランスのよいセットでした!
ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村

IITSK(イースク)

いただきます〜

今回は、ベルギー・アントワープのIITSK(イースク)です。

1,100円(本体)とお高め。三越には初登場です。

2121)マンゴーユズ
トロッとした酸っぱめのマンゴー&ユズのソース。イースクのお気に入りらしい!ホワイトチョコレートの甘さと絶妙にマッチ。

2122)パッションフルーツ&ベネズエラ
甘酸っぱいパッションフルーツゼリーとベネズエラ産カカオのダークガナッシュの2層仕立て。酸味はマンゴーユズより強め。

2123)ソルトマカデミアナッツ
甘さ控えめのマカデミアナッツペーストに塩とココナッツが入ってます。しっかりしたダークチョコレートとしょっぱさが相性よし!

ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村

Pierre Ledent(ピエール・ルドン)

いただきます〜

今回は、ベルギーのPierre Ledent(ピエール・ルドン)です。常設店はないので、バレンタインの時期だけしか買えませんー!
https://www.pierreledent.jp



スリーブタイプ

高級感あるー!

2118)DIANE
ヘーゼルナッツだなとしっかりわかるクリーミープラリネ。ミルクチョコレートなので、しっかり甘い。

2119)KIR ROYAL
ホワイトショコラ シャンパガナッシュ ラズベリー。ちょっと洋酒が使われています。思ったよりガナッシュは薄め。外も中もホワイトチョコベースは結構珍しいかも。

2120)ELISA
2018年の新作!ミルクショコラ ヘーゼルナッツプラリネ ティミュットペッパーです。ティミュットペッパーとは、柑橘感を感じるペッパー。爽やかな香りと、芳しいペッパー感。

ケーキはマカロンも食べてみたい!
ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村

Au Chat Bleu(オ・シャ・ブルー)

いただきます〜

今回は、フランス北部で創業した、Au Chat Bleu(オ・シャ・ブルー)。
青色と、ねこちゃんがトレードマーク。
https://satie-choco.co.jp/acb/

袋が紙でなく、ビニールっぽいのもオシャレ♡

箱もcuteだー!

2114)ミニ・シャ・ブルー
1,500円(本体)
中は二層。カラメルにアーモンドが入ったヌガティーヌのベースの上に、ざくっとしたナッツのプラリネ。ダークだからかな。さっぱりしてて、後にひかない。青色はくっついてる砂糖。

2115)ラ・クロッカント
サクサククレープ生地をミルクチョコレートでコーティング。ガナッシュにフィアンティーヌがしっかりまざりあっているけど、サクサク感は残ってます。

2116)カリオカ・エクアドル
ビターチョコレートボンボン。エクアドルの方が甘めかな。中盤にグッと深い豆の濃さを感じられます。

2117)カリオカ・ペルー
ビターチョコレートボンボン。ペルー産カカオ豆を使用していて、深く濃い煎った味。ダークだけど苦味はないし、クセもない。

ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村

Stettler(ステットラー)

いただきます〜

今回は、オススメしてもらったスイス・ジュネーヴにあるStettler(ステットラー)です。
日本には常設店なし!催事がチャンスです。

1947年にポール・ステットラー氏が創業。約70年にわたって、製造されてきました。

2113)Pave(石畳)de Genève
2,300円(本体)
一粒ずつ職人の手作り。キューブ型のチョコレートで、ジュネーヴから空輸されています!日本の生チョコとは、ちょっと違う。生クリーム入ってないのに、すごくなめらかな口どけ。



ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村