毎日チョコ生活

1年で1000個ずつ目指して食べます。16年5月にはじめて17年2月達成。とりあえず5000種目指し中です。

Chocolaterie CALVA(ショコラトリーカルヴァ)

いただきます〜

今回も、昨日に引き続きChocolaterie CALVA(ショコラトリーカルヴァ)です。

ボンボンショコラ〜

ショコラティエの田中さんは、経歴をみると、アテスウェイにもいた方で、さらに渡仏し、受賞歴も多数。

 

ボンボンは10種を購入、キラキラ〜

f:id:chie1129:20200806004634j:image
f:id:chie1129:20200806004631j:image
f:id:chie1129:20200806004637j:image
f:id:chie1129:20200806004640j:image

4103)柚子

はじめに柚子の強めの風味、その後、甘酸っぱさが広がり、食べ終わりはミルクチョコレートのまろみで落ち着きます。

f:id:chie1129:20200806004942j:image

4104)抹茶

京都宇治抹茶使用。ジワジワと抹茶の香りがでてきて、その後、じんわり心地よい苦味。舌に残ります。

f:id:chie1129:20200806005002j:image

4105)ガーナ40%

キャラメル?と思うほどの甘さ。口どけよく、ナッティさもあります。

f:id:chie1129:20200806005041j:image

4106)ぶどう山椒

ダークコーティングですが食べ始めはじんわりとした甘さ。その後、ちょっと違和感を感じて突然ピリピリとした刺激がピークに!この変化はなかなかなくて驚きです。和歌山産のぶどう山椒を使用しています。

f:id:chie1129:20200806005056j:image

4107)スモーク

口に入れると、至ってシンプルなミルクチョコレートに感じます。それから急に燻製の香り。溶けて溢れ出すような、しっかりとした香り。おつまみになりそう。

f:id:chie1129:20200806005122j:image

4108)キャラメルオランジュ

見た目より甘く感じるのはキャラメルガナッシュだからなのかも?オレンジは強すぎず、上品です。

f:id:chie1129:20200806005157j:image

4109)紫蘇ライチ

ベースには赤紫蘇のパートドフリュイ。そこに紫蘇とライチのガナッシュ。紫蘇独特の風味に加えて、柑橘の爽やかさがあり、はっきりした味わいです。

f:id:chie1129:20200806005238j:image

4110)ミントフレーズ

イチゴとミントの組み合わせ。爽やか!

イチゴのパートドフリュイが薄くベースにひかれ、やんわり、ほのか〜なミントのガナッシュ。ふわっとしているので食べやすいです。

f:id:chie1129:20200806005259j:image

4111)ほうじ茶

くせがない甘みのあるガナッシュ。ほうじ茶は京都産の玉露茎を使用。香りづけされています。後味のほうじ茶がじんわりうまみが残るのが絶妙です。

f:id:chie1129:20200806005320j:image

4112)メキシック66%

スパイスの香りと味わい。ナッティでウッディな印象です。ダークを楽しめて、独特の香ばしい余韻もよいです。南米原産のフォラステロ種を使用。

f:id:chie1129:20200806005340j:image

ごちそうさまでした!

ポチッと押していただけるとうれしいです。 にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
にほんブログ村