読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日チョコ生活

1年で1000個。目指して食べてましたが、16年5月にはじめて17年2月達成。これから5000種か1,000店舗目指そうかな。

DEBAUVE & GALLAIS


いただきます。
今日は、ネット以外の常設店だと日本橋でしか買えないチョコ。DEBAUVE & GALLAIS(ドゥボーヴ・エ・ガレ)です。

f:id:chie1129:20160729063314j:image
パッケージかわいい!
f:id:chie1129:20160729063528j:image
6枚で¥1,620です。た、高いー!
f:id:chie1129:20160729063959j:image
パリで一番歴史を持つチョコレート店!ルイ16世の王室薬剤師が、フランス革命後の1800年にチョコレート店を開いたんだとか。
f:id:chie1129:20160729064009j:image
今日のチョコは、マリーアントワネットに苦い薬を飲みやすくするために、生まれたチョコで、
(日本で製造されてるけど)王妃と同じものを食べてるんだ…という気分は味わえます。今回は日本で製造されてる6種類を。

ちなみに製造元は、名古屋の株式会社サティーさんです。このチョコの事業部がある!なんという力の入れよう。

238)Pistole de la Reine(ピストル ドゥ ラ レン)
王妃に捧げるピストル。アーモンドミルク風味。ということは、このチョコに薬を包んで、マリーアントワネットは飲んでいたのだな。すごい口どけ具合。甘さが絶妙。サトウキビの甘みだから?今回の中では1番好きです。
f:id:chie1129:20160729065746j:image

239)Pistoles 99% cacao(ピストル 99% カカオ)
カカオ分99%!なので、当たり前だけど、すごく濃い…噛まずに口どけを楽しむチョコですが、これはさすがに濃すぎるけど、市販のカカオ分高いチョコより、上品なので、美味しいです。
f:id:chie1129:20160729070150j:image

240)Pistoles 85% cacao
カカオ分85%。99%を食べた後だから、口にいれて甘いと感じる。でも後からじわじわくるカカオ。口どけを楽しみながら食べられます。
f:id:chie1129:20160729070525j:image

241)Pistoles 72% cacao
カカオ分72%。私は72%がちょうどよい。カカオをしっかり感じられて、甘さもほどほど。気分転換チョコとしていいかも。気軽な値段じゃないけど。バラ売りしてないし。
f:id:chie1129:20160729071032j:image

242)Pistoles Gaemmes de Feves(ピストル ジェム ドゥ フェーヴ)
カカオ豆の粒が入ったピストル。粒なのでザクザクというより、プツプツという感じ。甘みは72%よりあるかな。
f:id:chie1129:20160729071114j:image

243)Pistoles des Amoureux(ピストル デ ザムルー)
恋人達に捧げるピストルで、アールグレイ紅茶の風味が入ってます。アーモンドミルクから比べても甘さはなく。口にいれたときの芳しい紅茶感。なめらか食感ですっと溶けます。
f:id:chie1129:20160729071159j:image

これはプレゼントにはいいかも。
ただ、溶けやすいので、箱入りがいいかもしれないが…その分お値段はる!
それに、刻印がずれてたり、チョコの形が少し潰れてたり、小包装の袋の破け方が、なんかちゃちい感じもあって、ちょっと残念。

とはいえ味はおいしいので、今度はボンボンショコラも食べてみたい。

ごちそうさまでした!