読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日チョコ生活

1年で1000個。目指して食べてましたが、16年5月にはじめて17年2月達成。これから5000種か1,000店舗目指そうかな。

WITTAMER JAPON

いただきます。
200種類、到達ーーー!
WITTAMER JAPONさんです。
ケーキも美味しそう…だけどお腹もお金の面でもガマン、ガマン!

ベルギーのブリュッセルで1910年に創業し、ベルギー王室御用達のチョコ。手提げ袋の側面にも、マークが!ステキー♡
f:id:chie1129:20160717140657j:image
f:id:chie1129:20160717140826j:image
じゃーん
f:id:chie1129:20160717140848j:image
じゃじゃーん
f:id:chie1129:20160717140911j:image
¥2,376でした。高いけど、だんだん麻痺してくる…

200)クール・レイ
ハートの形。土台がしっかりとした形です。ジャンドイヤといって、ヘーゼルナッツをローラーですりつぶし、ペースト状にしたものに、ミルクチョコとまぜあわせたものが入ってます。ぷつぷつっとしたナッツが感じられて、独特の甘みが強く舌に残ります。
f:id:chie1129:20160717142252j:image

201)パレ・ドール
ちょっぴりビターです。コクがものすごくあって小さいのに、存在感強い味。ちょっと常温に戻したほうが、とろっと口どけしていいかも。
f:id:chie1129:20160717142945j:image

202)マロー
柔らかめのガナッシュ入り。キャラメルソース&モカ風味のガナッシュ。キャラメルはほんのり感じるくらいです。お花の形もすごく美しいです。
f:id:chie1129:20160717143339j:image

203)トリュフ・ブラン
ホワイトチョコレートガナッシュが、しっかりとしたホワイトチョコレートで包まれてます。ここは形が独特だし、コクがあります。舌にツンとくる甘さ。
f:id:chie1129:20160717143654j:image

204)トリュフ・レイ
ミルクチョコレートガナッシュが、ミルクチョコレートに包まれてます。すごくシンプルだけど、ホワイトのトリュフと全然違う甘み。舌にじわじわと優しく広がる甘み。
f:id:chie1129:20160717144057j:image

205)トリュフ・フォンダン
ベーシックなスイートチョコレートガナッシュがスイートチョコレートに包まれてます。トリュフ・レイよりすごく苦味を感じます。大人のチョコ。甘いのが苦手な男性にはおすすめできるかも。
f:id:chie1129:20160717144933j:image

206)カレ・ド・クーベルチュール
f:id:chie1129:20160717145230j:image
ダークチョコ。ダークといっても強烈な苦味はなく、非常にまろやか、だけどしっかりダークです。板チョコでシンプルだから、シリーズ3種のなかでは、1番好きかも。
f:id:chie1129:20160717145708j:image

207)ミルクチョコ。
口どけと、後味がよい。不自然に舌に残らなくて、シンプルなんだけど、安心する味。
f:id:chie1129:20160717145735j:image

208)ホワイトチョコ。こちらもシンプルにお上品さは感じるけど、彩りとしてはすてきだけど、それくらいかなぁ。
f:id:chie1129:20160717145739j:image

購入したのは、お昼くらいだったけど、男性店員さんが疲れてて、全然やる気なかった。せっかく素敵なお店なのにもったいないよ…

ごちそうさまでした!